こんにちは。吉崎浩一郎です。現在、成長段階のベンチャー企業や中堅中小企業に対して投資や経営支援行っております。日本のプライベート・エクイティに黎明期より従事し、投資のみならず企業経営にも深く関与して参りました。

職歴

1990.4 三菱信託銀行(株)(現:三菱UFJ信託銀行(株)) 国際金融業務、法人融資業務を担当
1996.7 日本AT&T(株) 国際通信サービスのスタートアップにて、プロダクト・マネジメント、マーケティングを担当
1998.4 シュローダー・ベンチャーズ(株)(後に(株) MKSパートナーズ)
ベンチャー投資、バイアウト投資、企業再生投資等を幅広く実践
同社パートナーとして、全投資案件の意思決定及びマネジメントに関与
2005.9 カーライル・グループ アジア(中国・インド・韓国・日本)向け成長投資
チームにて中堅企業・成長企業向け投資・買収を担当
2010.1 (株)グロース・イニシアティブ設立、代表取締役就任
成長性のある日本のベンチャー、中堅中小企業への投資及びアドバイザリー活動を展開
大和クオンタムキャピタル(アジア向け成長投資)にてCIOを兼任
2013.11 (株)海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)
取締役 最高投資責任者(CIO)として官民ファンドの立ち上げに従事
2017.2 グロースポイント・エクイティLLP設立、代表パートナー就任
中堅中小企業向け投資ファンドを組成

学歴

青山学院大学国際政治経済学部卒業
法政大学大学院社会科学研究科修士課程修了(経営学専攻)
米国ラトガース大学(Economics Major)

経営関与先(五十音順)

振り返ると常にもがき・学び・挑戦してきた三十年間だった。次の十年も喜んで、もがき・学び・挑戦していきたい。

自分が全力でこの“人”のために貢献できるか。それが一番重要なポイント。

社外取締役や顧問として多くの会社に関わらせていただいていますが、わたしが仕事をお受けする時の最も重要なポイント(検討材料)は、“人”です。ビジネスモデルや、経済性などといったことは、実は先にあげたポイントを満たさないと検討のフェーズまで進まない。そういうスタンスです。

投資や経営支援の仕事というのは、上手くいくことだけではなく、いかないことも多々あり、そういった時に何が残る・残せるのか。それは、経営者だったりオーナーといった人たちとの人間関係だったりします。わたし自身、人生の中で色々な転機がありましたが、その時々で「人との縁」という力に助けられてきました。

わたしがベンチャー支援に興味をもった一番初めのきっかけも、大学時代(1980年代半ば)ベンチャー企業でアルバイトをしていた時に、当時のボスが「吉崎、これからはITだ。ベンチャーだ。」と語ってくれました。彼がいなければアメリカに留学し「ベンチャーキャピタル」という仕事と接することもなかったでしょうし、興味を持つこともなかったかもしれません。

五十代になりこれからは自分がだれかを助け、導く存在でありたいと思っています。

企業や経営者のかかりつけの医者のような存在でありたい

たとえば、「風邪だな」と症状が明らかな場合は自分で対処できますが、普段と症状が違うなと感じた時、みなさんは病院へいきますよね。しかし、その時、内科なのか外科なのか誰かに相談したいと思いませんか。

その存在は人間で言うとかかりつけの医者という事になりますが、経営者・オーナーにとってもそういった存在が必要なのではないでしょうか。その人に相談するとあなたはここが悪いのではないでしょうか。でしたらこの専門医をご紹介をします。となるわけです。それが、ビジネスの内容や、経営全般、人事・総務、広報・法務、資本政策、そして、オーナーだったら事業相続の話だったりもするわけです。

投資やM&A、資本政策の話に関しては、専門医として自分が対処できるわけですが、それ以外の専門的な話になると、それに適した外部の方をご紹介するといったことも行っています。

経営者・オーナーにとっての信頼される・できるパートナーとして強い関係性を築き、中長期的な企業の成長戦略を一緒に考えてまいります。